【資格情報】日本語教師を目指すなら正しい知識を身につけよう

自分にあった講座を受ける

日本語教師になるための講座とは?

考え事をする女性

外国人に日本語を教えるのが、日本語教師です。日本人なら誰でも日本語を話せるので、日本語教師は簡単になれそうだと思っている人も多いですが、日本語教師になるためには資格が必要です。ふだん当たり前のように話している日本語ですが、話すことはできても、教えることはまったく別問題なのです。 日本語教師になるためには、専門の大学を卒業するか、日本語教育能力検定試験に合格するか、420時間相当の日本語教師養成講座を修了するか、3つの方法があります。いったん就職して別の仕事に就いてから、日本語教師になりたいと考える人は多く、その場合は試験を受けるか、講座を受講するかのどちらかになります。 日本語教育能力検定試験は独学で勉強して合格するのは難しい試験なので、講座を受講する人の方が多いです。日本語教師養成講座は日本語学校や資格取得専門スクールなどで実施しています。

日本語教師養成講座は新しい人生への片道切符

日本語教師は、外国人で日本語という語学を学習したい人に教える職業です。それには、スクールの講座に通って教師資格を得ることが、まず重要です。 日本語教師養成講座は、420時間以上の学習が資格取得の条件になってきます。養成講座の内容や時間数や授業料は、その学校によって微妙に違っています。講座によって日本語教師の資格にも大きくかかわってくるので、注意が必要です。 日本語教師は日本に居ながらにして、諸外国の人々に日本語のみならず、日本文化や習慣を教授する職業です。まずは日本語教師養成講座にて、どんな外国人にも的確に教えられるだけの知識と能力をつけることが必要です。自分に合った講座を選び、確実に力をつけたら、あとは日々邁進するだけです。