【資格情報】日本語教師を目指すなら正しい知識を身につけよう

日本語教師への道

日本語教師になるための講座

男性の教師

日本語教師というと教師であるだけに、普通の学校の先生のように教育学部卒で何か特別な教員免許を取得しなければならないのかと思いますが、そうではありません。しかし、何も学習せずになれるわけはありません。 いざ日本語教師として働こうと思った時、日本語教育能力検定に合格か、日本語教師養成講座420時間コースを修了していることを必要とされます。両方取得するにこしたことはありません。この養成講座は、文化庁が示した方針に沿った講座を開設しているスクールに通うもしくは通信教育で受講できます。 これから大学に進学する方、または、社会人だけど大学に行ける余裕がある方ならば、大学や大学院の日本語学科を受験して講座を受ければ、日本語教師への道がひらけます。

日本語教師になるための講座とは

日本語教師とは、日本語を母国語としない外国人へ日本語を教える先生のことを言います。 この日本語教師になるためには絶対的な資格があるわけではありません。日本語教育を大学で専攻していた人などは採用されやすいようですが、講座を受けて学べば日本語教師になれる可能性が広まるのです。 この講座では、日本の文化や伝統など日本人でも知らないような事を多く学びます。歴史や地理なども含み、日本に対する知識をたくさん身に付けるための講座と言えるでしょう。 しかしながら外国人へ日本語を教えたいと思う日本語教師は人気があり、講座を受けたからと言って必ずしも日本語教師になれることはありません。国内では特に倍率が高いため、海外、特にアジアの方では需要が多く、そこで日本語教師として働く人も多くいます。