自然な歯が取り戻せる〜インプラント治療ならではの魅力〜

インプラント治療の内容を把握して自分に適しているか確認しよう!

失った歯の役割は様々な方法で補える

歯を失った時には、義歯で機能を補うことになります。義歯を取り付ける方法としては、入れ歯やブリッジが有名ですが、近年は人工歯根を歯に埋め込んで義歯を固定するインプラントが注目を集めています。自分に合った方法を選んで、失った歯の機能を取り戻しましょう。

インプラント治療を受けるメリットTOP5

男の人
no.1

取り外す手間が掛からない

顎に直接義歯を固定するインプラントは、一々器具を取り外してメンテナンスをする必要はありません。自然の歯のように一度取り付ければ歯磨きなどのケアで長く使用することができるので、手入れが面倒だという人にはインプラントは最適な治療方法だといえるでしょう。

no.2

食べ物をおいしく味わえる

顎の骨にしっかりと器具を固定するインプラントは、食べ物を噛んでも入れ歯のように外れる心配はありません。また、食べ物を噛んだ間隔も自然の歯と変わらないので、様々な料理を美味しく味わうことができるでしょう。

no.3

話しやすい

入れ歯やブリッジを装着していると口の中に違和感が生じることがあるため、上手く言葉を発することができません。しかし、インプラントであればしっかりと一言一言発音することができるので、会話を楽しむことができるでしょう。

no.4

虫歯にならない

インプラントは自然の歯とは異なり、虫歯になる恐れがありません。歯石がつかないように歯を磨く必要はありますが、虫歯になることはないので安心して装着していられます。

no.5

見映えが美しい

インプラントで使用する義歯は白く整っているため、義歯を装着すれば機能性だけでなく美しさも手に入れることができます。年齢とともに歯に自信が持てなくなってきたという人は、インプラント治療を受けるといいでしょう。

自然な歯が取り戻せる〜インプラント治療ならではの魅力〜

女の人

インプラント治療とは?

インプラントとは、人工歯根といわれる金属部品を顎の骨に埋め込み、セラミック製の義歯を取り付ける方法を指します。人工歯根を取り付けるために外科手術を行う必要がありますが、定期的にメンテナンスを施せば半永久的に頑丈な歯を手に入れることができます。インプラントに使われる金属にはいくつか種類があるので、金属アレルギーの人でも素材を選べばインプラント治療を受けることができます。

インプラント

インプラント治療を受ける前に必要な検査

体に負担のかかるインプラントは、誰でも無条件で治療を受けることができるわけではありません。治療を受ける前にCT撮影やアレルギー検査、血液検査などのあらゆる検査を行った上で、インプラント治療が受けられる体か否かを判断します。顎の骨が弱いと通常のインプラント治療は受けることができませんが、骨の再生治療を受けた後にインプラント治療を行うなど方法はあるので、諦めずに自分に合った治療方法を探しましょう。

歯型

2回法の特徴

インプラントは通常1回の手術で歯根の埋め込みから義歯の取り付けまで行いますが、2回法と呼ばれる方法では、歯根を埋め込んだら一度歯肉を縫合して様子を見ます。問題がなければ再び歯肉を切り開き、義歯を取り付けることになります。手術を2回行うため体が受けるダメージは大きいですが、歯根をしっかりと顎骨と癒着させることができるので、後々歯根が外れて再手術を行うなどのリスクを減らすことができます。

インプラント治療を受ける前に確認しておきたい条件

インプラント

年齢制限

インプラントの治療に関して、年齢制限は存在しません。国で定められたルールでいえば誰でも治療を受けられるということになりますが、顎の骨が成長していない子供や骨がもろくなった高齢者がインプラント治療を行うとリスクが高くなるという問題があります。そのため、歯科医院によっても独自に年齢制限を設けている場合があります。

持病の有無

糖尿病や心疾患といった重大な持病を患っている人は、インプラント治療を受けることができない可能性があります。糖尿病患者がインプラント治療を受けると免疫機能が低下したり、新疾患患者の場合は出血が止まらなくなるといったトラブルも起こりやすくなるので、持病がある人は歯科医師に事前に伝えておきましょう。

アレルギーの有無

インプラント治療には金属が使用されるため、金属アレルギーがある場合は極稀にアレルギー症状を引き起こすことがあります。基本的にインプラント治療にはチタンというアレルギー症状を引き起こしにくい金属が使用されていますが、中にはチタンに対するアレルギーを持っている人もいるので注意しましょう。

喫煙歴の有無

喫煙者の方もインプラント治療自体を受けることは可能ですが、骨が弱くなっているためインプラントの寿命は短くなるといわれています。今現在喫煙していなくとも、過去に長期に渡って喫煙していたという人はインプラント治療が難しくなるので注意が必要です。

広告募集中